ART-TRADING / アートトレーディング
ECサイトで販売する商品の注意点
見出し画像

ECサイトで販売する商品の注意点

ART-TRADING / アートトレーディング

みなさんこんにちは。髭男社長ことアートトレーディングの藤井です。

今回は、ECサイトで販売したいと思ってるんだけど、自社の商品をただ出せば良いのか?仕入れをすれば良いのか、シチュエーションごとに私の意見を述べてみたいと思います。

今は大前提としてモノ余りの世の中、そして情報過多の世の中と言われています。
ということは、これから売ろうと思っている商品は恐らくどこかで販売している商品であるということ。

そして探すとたくさん似たようなものが出てくるし、ネットではたくさんの情報が飛び交っていて、実際どれが良いか判断することさえも難しい。

そのため、何でも売れます。何もしなくても売れます。とは到底言えない。ではどうすれば良いか?

1つずつ、見てみましょう。

1. 商品を持っていない。

でもこれからECサイトビジネスを始めたい!
この場合は本当にまず本気で考えること。調査することが重要です。

考え方としては、商品で絞らずに、どのジャンルの店舗にするか?
商品単体では、商品の比較だけになり、価格や送料などで大手に負けてしまいますが、ジャンルを明確にし、ターゲットを絞ったショップを作れば、ショップにファンをつけていくことができる。そうすれば、商品単体比較になりづらくなるので成功に近づきます。

【×】コンセプトなしのセレクトショップ

一番ダメなパターン。
この商品がやりたい。これもやりたい。と商品をピックアップしセレクトショップと名乗る。
コンセプトが明確でないセレクトショップは、ただ商品がちょっとずつしかない品揃えが悪いただの店になってしまい、魅力がありません。

お勧めは、ターゲットは狭く、本気でこだわりのお店にする。
このジャンルの商品だけは負けないという気持ちで商品を選んでもらうと良いと思います。

【×】ドロップシッピング

ドロップシッピングで副業、起業。
副業はまだ良いですが、起業はリスクがあると思います。

ドロップシッピングとは?
メーカーなどの出品者から商品情報をもらい、在庫を持たずに販売。売れたら出品者がお客様へ出荷してくれるシステム。在庫リスクもないので簡単に始められそう。

私の経験で一番問題視したいのは、小売りという商売にもかかわらず商品に愛がない。ということです。

CSVで商品情報をアップしたり、自動更新機能を作ったりして、うまく運用しているケースを見てきました。

しかし一番大事なことは、売れ続けることとしてどうなのか?

売れてるときはどんどん商品を増やす。売れる。問い合わせや返品依頼などが増える。
商品のことは分からないからメーカーに聞いて。

このようなスタンスで売れ続けることができるでしょうか?
商品についてのこだわりも愛情もない。お客様のことも大事にしていない。

物販を応援する立場として非常に疑問が残ります。

こういう販売方法はプラットフォーマーに任せましょう。
モールや大手EC企業はそれで良いんです。彼らに任せておきましょう。
中小企業がチャレンジするのはお勧めしない。というのが私の考えです。


2. メーカー、卸売り業

ここの一番の強みは、商品がたくさんあるということ。
逆に弱みは卸売りが本業なのでお客様に遠慮をしなければならないこと。
例えば、売れる商品は卸優先になるので、自社ECサイトに並ぶ頃には在庫がない。
値段は崩せない。卸先が崩していても。
在庫は卸優先だから確保できないということです。

ここはいつも話をさせてもらうんですが、B2BのついでにB2Cをやるのではなく、

事業として小売店(B2C)に取り組む。

という覚悟を持つことが重要です。

みんながやるからB2Cをやるでは制約が多すぎで本気でB2Cをやっている卸先のお客様に勝てません。

残った商品を安く売るというアウトレットなら良いですよ。
そうではなく、同じような価格、むしろ他社が値引きしているのに値引きできない条件付きの場合は、本気で集客と接客にこだわる専門店として売るしかありません。

つまり、その商材についての専門知識をしっかり提供して一番詳しいサイトになる。
商品について調べようと思ったらサイトが上位化されて学べた。じゃあここで買おうにつながる。

また、卸先に提供している画像と異なるものを撮影する。
商品はあるわけなので、インスタで勝負するなど。いずれにしても労力は掛かります。
しかしやれば成果は出ますのでちゃんとB2Cとして取り組む覚悟を持って臨んでほしいと思います。

それといつもお願いしていますが、在庫高の制限をつけても良いので、ECサイト用の在庫を確保する。もちろん売れなければ戻すなどもOKです。

ECサイトでようやく売れてきたのに在庫切れは本当に悔しいし、お客様に失礼。逆に悪い評価につながってしまいます。

それとぜひぜひやって欲しいのが、オリジナル商品を作る。
出来なければオリジナルセット商品を作る。
オリジナルの色を作る。そうすれば価格は自由になります。

または、施策として、ノベルティや購入特典でオリジナルのグッズをつける。
メーカーであればそんなものを作るのは簡単ですよね。
例えば、バッグならレインカバーを作る。
革の切れ端を使って本のしおりやブックカバー、コースターなどを作る。
もちろんブランドロゴ入りで。

ギフト商材であれば、本気でこだわったラッピングやショッピングバッグを用意する。
価格は下げないんですからいくらでも資材にこだわれます。

お客様はギフトのラッピングのためにネットでいくら安く売ってても百貨店に行くんですからそれを直営店舗でかなえてあげれば絶対購入動機になります!

私の顧客のサイトでも同じ品番のバッグが価格は変わらずですが、楽天だとポイントが15倍!5,000円分溜まるという条件でも、直営店のショッピングバッグが欲しくて定価で購入しているという事例がたくさんありました。

このように価値を出しファン化させていくこと。これが重要ですね。

もう何度も言いますが、在庫はあるから、出店してみよう。で売れる時代は過ぎていますので本気の覚悟で取り組みましょう。
そうすれば必ず成果につながります。

■ さいごに

いかがだったでしょうか?
ちょっと長編になってしまったので他のシチュエーションは、このnoteが好評だったらまた次回にお届けしたいと思います。

当社も様々な業態、シチュエーションのお取組みをさせていただきましたので色々お話はできるかなと思います。

自分の業種と合わせて考えてみてください。
皆様のお役に立てれば嬉しいです。

それではまた次回お会いしましょう!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ART-TRADING / アートトレーディング
「たくさん売って、たくさん笑おう」をモットーにこれからECを始める方や、EC運営に悩まれている方に、笑顔になっていただけるよう支援しています。